紗合わせ、無双、二重紗の違いといつ着るの?

紗合わせとは

紗合わせは、絽や紗の生地の上に紗の記事が二重になっている着物です。
基本的に、訪問着ですね。
着ると下の絽の柄が透けて見えるのが、涼しげです。

また、白い絽の生地が濃い地の紗の生地と重なって、
歩くたびにモアレのようになるのが、素敵ですね。

紗合わせは、生産数が少なく、店頭ではなかなか目にすることはありませんね。

新潟県十日町の生産が一番多いと思います。

紗合わせの特徴

一般的に販売されている紗合わせは、
絽の生地の上に紗の生地が重なっている訪問着です。

白い絽の生地に友禅や金彩で訪問着の柄付がされています。
外側の紗の生地は、黒や紺など濃い色になります。

その方が、柄が透けて見えますし、モアレ感が強く、涼しげに見えます。

20年以上前から一般的に販売されていますが、最近は値段が高くなり、商品も少ないですね。
私の認識だと、紗合わせは、絽と紗の組み合わせと思っていました。

無双とは

紗無双と呼ばれている着物が、内側も外側も紗の着物です。

同じ生地で二重になっている着物を無双と呼びます。
最近見なくなりましたが、まだ製作されていると思います。

私の認識だと、紗の二枚重ねの着物を無双と呼ぶと思います。

絽の生地に紗で二重にした紗合わせを無双と呼んでいる人やショップもあリます。

二重紗とは

二重紗も無双と同じく、紗が二重になっている着物だと思いました。

ネットで調べると、二重紗は、風通紗の事を二重紗と呼ぶという情報があリますが、
風通紗を二重紗と呼ぶことはありませんでしたし、聞いたこともありません。

昔は、紗というと風通紗が一般的でした。
風通紗も普通に「紗」と呼んでいましたね。

風通紗を二重紗と呼ぶというのは、最近なんでしょうかね。
しかし、最近、風通紗を店頭で見ることはなくなりましたね。

紗合わせを二重紗と呼んでいる人やショップもあリます。

結論

紗合わせは、絽と紗の二重の着物で訪問着が一般的です。
絽の生地に友禅などで訪問着の柄付が施されています。

紗合わせを無双、二重紗と呼ぶ人やショップもあリます。

どれが正解かは分かりませんので、
紗合わせと無双と二重紗は同じ物と思っても良いですね。

下の写真の紗合わせは、正絹で、58,000円です。
仕立てを頼むと28,000円プラスで、合計86,000円です。
信じられない程お安いですね。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

★在庫処分★夏の紗合わせのきもの W0428-04
価格:58000円(税込、送料無料) (2016/7/24時点)

すごくオシャレな柄どりですね。
お値打ちなお値段で、124,200円です。

紗合わせの始まり

大正時代にごく一部の方が着ていたらしいです。

一般的に広まったのは、
東をどりで新橋の芸者が紗合わせを着たのがきっかけで一般的に広まったようですね。

着る時期

東をどりは5月下旬なので、その頃着る、つまり、5月下旬から6月の単衣の時期までの短い間。

単衣と同じように着られるので、6月1ヶ月間と9月1ヶ月間。

6月は着るが9月は着ない。これから、秋冬になる季節に透けている着物はヤボ。

いろいろありますが、好きな時に着て良いのではないでしょうか?

本格的に流行したのは、戦後ですから。

基本的には、単衣と同じ時期に着て良いです。
紗合わせは、5月下旬から着られますよ。

帯、長襦袢、小物の組合せ

  • 帯は、絽綴れの名古屋帯、絽の袋帯など織りの夏帯です。
    訪問着なので、格式が高い帯を締めてください。
  • 長襦袢は、夏物です。礼装なので白い絽の生地がベストです。。
    麻や洗える長襦袢でも、礼装向きなら良いです。
  • 小物は、絽の帯揚げと夏の帯締めです。
    草履はこだわるなら、パナマなど夏の素材が良いですね。

着る機会

紗合わせは6月の結婚式には、一番良いですよ。

ジューン・ブライドといわれて今でも結婚式が多い季節ですよね。
ただし、披露宴に出席する場合だけですよ。
身内は黒留袖、色留袖ですね。

紗合わせは、訪問着でも柄がある絽の生地を紗で覆っているので、
柄がはっきり見えません。

ですから、それほど仰々しくないので、
食事会や観劇などにも向いていますね。

着物ファンなら一枚欲しい着物ですね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ