50代の着物始めは、大島紬!

50代の着物始めは、大島紬から。

50代の着物ビギナーがカッコ良く着物を着こなすために

なぜ50代なのか?

40代までは、若さで着こなせるし、
多少のことは許されますよね。

また、40代までは、仕事が忙しかったり、子供に手が掛かったりで、
なかなか自分の時間が持てないですね。

50代になると、子供が独立したり、仕事も一段落したりで、
時間もお金も余裕が出来ますね。

私が50代だから分かりますが、この世代はバブル時代を経験し、
多少なりとも金銭的な恩恵を受けていると思います。

ですから、けっこうブランド志向というか良いものだったら、
多少高くても買ってしまう、という傾向がありますよね。

着物もその考え方が大事ですよ。

だって、着物は何十年も着られるのですから、安物買いはしない方が良いですね。

ただ、今はバブルではないし、所得が上がらない時代なので、
お金をかけ過ぎることなく、良いものを選ぶ目を持って着物を楽しんでもらいたいです。

そんな50代には、成熟した大人として
カッコ良く大島紬を着こなして欲しいですね。

ということで、
今回は、50代着物ビギナーのための正絹着物の選び方をお話ししますね。

お稽古事や式典ではなく、気軽に楽しんでもらう正絹着物なら紬をお勧めしますよ。

木綿(正絹ではありませんが)でも良いのですが、50代ならワンランク上の正絹の紬ですね。

紬といってもいろいろあります。

有名な紬ですと、
日本三大紬と言われている、
大島紬、結城紬、牛首紬ですね。

その他に、伝統的工芸品に指定されている、ブランド紬はいろいろあります。

ノンブランドの紬もありますね。

その中で、私のお勧めとしては、
生産量も多く、低価格から高価格まで幅広く商品がある大島紬がイチオシです。

大島紬については、ここで詳しくお話ししていますので、
興味がある方は呼んでくださいね。

ここでは、大島紬の良いところを 簡単に お話ししますね。

良い点、お勧めする理由

  • 着付けが楽でキレイに着られる。
  • 生地が軽くて、薄い。
  • シワになってもすぐに取れる。
  • 裾さばきが良い。
  • 見るからに高級感がある。
  • 地色がいろいろある。
  • 柄が精密でいろいろある。
  • 裏表がないので、表が汚れたら、裏返しで仕立て直せる。
  • 雨や水に強い。
  • 泥大島紬など濃い地色は、シミが目立ちにくい。
  • 生地は薄いけど、暖かい。
  • 証紙を見れば、産地、手織り、機械織り、縦横絣、泥染などの情報が一目で分かる。

良くない点

  • 生地が張っている感じがする。
  • 生地が薄いので多少スレに弱い。

良いところがたくさんありますね。

お勧めの大島紬の種類

縦横の大島紬をお勧めします。

横惣や縞大島は価格が安いですが、
種類も少なく、価格も縦横とあまり変わらないですね。

昔は、横惣はたくさん作られていたし価格も数倍違ったのですが、
今は、生産量も減って、価格差も少なくなりました。

縦横と横惣の違い

横惣大島紬、 縞大島紬

  • 横糸が絣糸で柄を構成しています。
  • 縞大島は経糸で縞を構成しています。
  • 多少生地が張っている感じがします。
  • 光沢があるので、縦横と比べると安っぽいです。
  • 機械織りもあります。

縦横絣大島紬

  • 縦横とも絣糸で、手織りの大島紬です。
  • 泥染めは、生地がしっとりして着やすいです。
  • 本場大島紬と言えば縦横です。
  • 縦横で柄を構成しているので、精密ではっきり見えます。
  • 高級感が全く違います。

どこに着て行けるの?

大島紬は、織の着物なので、おしゃれ着になります。
ですから、観劇、同窓会、お食事会など式典以外ですね。

普段着としてドンドン着ましょうね。

どこで買ったら良いの?

  1. リアル店舗(百貨店、チェーン店、個人店)
  2. 大島紬を常時扱っていない店が多いですよ。
    あっても数が少ないし、値段が高いですね。

    お勧め度 ×

  3. リアル店舗の、バーゲンセールや閉店セール
  4. 安く手に入ると思います。
    ただ、最初から高い値段を付けている場合もあるので、
    相場を把握してから行かないと高い買い物をしてしまうこともあります。

    お勧め度 △

  5. リサイクル着物のリアルショップ
  6. 値段は安いが、数が少ないのと仕立て上がりなのでサイズが限定されます。
    気に入った柄があって、サイズが合えばお得ですが、なかなか難しいですね。
    近くにお店があれば、たまに覗いてみましょう。

    お勧め度 △

  7. ネットショップ
  8. ネットショップは、新品も中古も安いです。
    また、探しやすくて、種類も豊富です。
    知識があれば、良い買い物ができますね。
    また、中古でも仕立上り以外に反物も取り扱ってるので、
    大変お買得になっていますね。

    返品制度が大事なので、必ず確認してくださいね。
    リサイクルショップは返品できないお店がほとんどなので、
    買う時は慎重にしてくださいね。

    新品を扱うお店は返品制度がある場合が多いですね。
    もしもの時は安心ですね。

    お勧め度 〇

まとめ

  1. アラフィフレディーには、縦横の大島紬をカッコ良く着こなして欲しいですね。
  2. 洗える着物や正絹の小紋等よりも着やすいので、初心者にもお勧めです。
    軽くて、裾さばきが良いので、お買物、観劇、お食事など
    長時間着物を着ていても疲れにくいです。

  3. 旅行などに持っていっても、小さくたためるし、シワも取れやすいので良いですね。
  4. 京都旅行に持っていっても良いですね。

  5. 大島紬を選ぶなら、縦横絣にしましょう。
  6. 横惣や縞大島と値段はあまり変わりませんが、
    物の良さは、まったく違います。

  7. 買うなら、ネットショップが良いですよ。
  8. サイズが合えば、仕立て上がりのリサイクル品でも良いですよ。
    寸法が合わない場合は、リサイクルの反物もあるので格安で購入できますね。
    マイサイズに仕立てても、東レシルックの洗える着物と変りませんね。

  9. 着やすさは抜群です。

最後にお買い得な大島紬を紹介しますね。

リサイクル B反 色紙に牡丹模様織り出し本場泥大島紬着尺反物(5マルキ)【中古】【02P18Jun16】
価格:16200円(税込、送料無料)

おどろくほど安くてお買い得です。
仕立てはネットの仕立て屋さんに出すと安いですよ。
マイサイズで仕立てましょう。

リサイクル B反 扇に橋・松竹梅・小槌模様織り出し本場白大島紬着尺反物(7マルキ)【中古】【02P18Jun16】
価格:28080円(税込、送料無料)

今では珍しい白大島の7マルキです。
お仕立てはネットの仕立て屋さんに出しましょう。

次回は、大島紬に合わせる帯、長襦袢、小物についてお話しますね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ