50代の着物始め 大島紬に合わせる帯について

50代の着物始めは、大島紬!に続く記事です。

まだ、読んでいなかったら、こちらも読んでくださいね。

それでは、50代の着物ビギナーが大島紬に合わせるお薦めの帯です。

まず、半巾帯

初心者からベテランまで良い半巾帯が一本あると重宝しますよ。
着物ビギナーの貴女なら、締めやすい正絹の帯にしましょうね。
ポリエステルの帯は、キュッと締まらず緩みやすいのでやめましょう。

20160530_030050000_iOS

メリット

値段が安い

  • 正絹の半巾帯でも安いです。
  • 博多や西陣でも1万円以下でありますね。

  • 締めるのが簡単。
  • 前で締めて後ろに回すので、簡単です。

  • 変わり結びがいろいろある。
  • 可愛い文庫や蝶結び、大人の女性向けにお太鼓風、電車や車の移動が楽な貝の口など

デメリットはあまりないのですが、
しいて言えば、

  • 安っぽい帯もある。
  • 値段が安いので仕方がないが。

  • 長さがマチマチなので、注意する。
  • 4メートル前後欲しい

  • 観劇でも1階前方や花道横だとヒソヒソ言われるかもしれません。
  • 気にしなければ、問題ありませんよ。

  • 江戸小紋に締めても良いですが、
    お茶会には出られませんね。

デメリットは選び方と行く場所だけです。

長さを確認して、好きな柄を選んだら良いですよ。
危ない場所には締めていかなければ問題ありません。

産地によって、帯の生地や締め心地が違いますので、
自分の好みに合わせて選んでくださいね。

初心者にとっては、
帯締めや帯揚げが無くても締められること
前で簡単に締められるのでうれしいですね。

半巾帯の種類(産地)

博多

献上柄が一般的ですが、それ以外もいろいろな柄があります。
単衣と袋状になってリバーシブルで締められる小袋帯があります。
紬に締めるとキュッと締まってずれにくく、締めやすい帯です。
昔から紬には博多が一番と言われていますね。

西陣

西陣でも半巾帯は作っています。
織元によって柄や織り方が違いますが、
ふっくらした柔らかい西陣織が多いようですね。
リバーシブルの小袋帯が主流です。
本袋帯で有名な「勝山」でも半巾帯を作っていました。
八寸で織った帯を真ん中で織ってかがっていると言っていました。

その他は、桐生、沖縄関係(ミンサー、花織など)、米沢などがあります。

50代の着物ビギナーにお勧めの帯は、博多の小袋帯をお勧めします。
リバーシブルになっているの両面締められるし、結び方によって両面楽しめますよ。

半巾帯の帯結び見本

 

八寸名古屋帯

織の八寸名古屋帯です。
大島紬にはピッタリですね。

博多も西陣もありますが、
やはりおすすめは博多の八寸名古屋帯ですね。

博多といっても、献上柄だけでなく、
モダンな柄やおしゃれな柄などいろいろありますよ。

九寸名古屋帯

織の九寸は、すくい織、紬地、花織などありますが、
九寸なら染が良いですね。
紅型の染めの九寸名古屋もステキですよ。

能州紬のすくい名古屋帯は高級感と素朴さがあって、縦横大島紬に合いますね。

牛首紬の染め九寸名古屋帯も、素敵ですね。
数が少ないので、メッタに見られませんが、
気に入った色柄の帯と出会いがあればラッキーですね。

私の九寸名古屋帯のお薦めは、染めの名古屋帯です。
縮緬地の紅型、更紗柄などお好きな柄を選んでくださいね。

昔は、織りの着物には染めの帯って言いました。
濃い地の地味な色に、織りの幾何学的で直線的な着物の柄には、
染めの曲線を使った華やかな柄が合いますね。

おしゃれ袋帯

おしゃれ袋帯は、博多、西陣とありますが、
西陣の帯が色柄、技術といろいろあります。

勝山の帯はお薦めですね。

勝山は、手織りの本袋帯が有名です。

本袋帯と袋帯はどこが違うのかというと
織り方が違います。

本袋帯は、表裏(上下)2枚一緒に織っています。
上の生地を織ったら、下の生地を織るというように回転しております。

表裏(上下)一緒に織りますから、生地が一緒で縫い代がありません。
ですから、帯の両端に縫い代の厚みがなく薄手になります。
裏表同じ生地なので、締め心地が良いですね。

高度な技術でおる帯なので、生産量が少ないです。

勝山は、この本袋帯を主力に製作しています。

私は、10年位前に勝山の工房に行きました。

京都から北山杉を見ながら車で1時間位行った「周山」に工房があります。
土間に半分くらい埋め込んだ「地機」と呼ばれる織機で手織りで織っています。
周山の気候と土に埋め込まれた地機は、湿気が織物にちょうど良いそうです。

西陣には、ほとんど手織りの織機はありません。
勝山はあくまでも手織りにこだわった素晴らしい織元です。

特に有名な柄が「鳥獣戯画」ですが、
それ以外にも漆を使った帯やモダンな柄の帯など見ているだけでも楽しいです。

ちなみに「鳥獣戯画」の袋帯は、同じ柄で京袋帯もあるそうです。
お値段は、かなり下げて販売しているようですが、一般には出回っていません。
一重太鼓なので、自分出来る方には締めやすくて良いですね。

興味がある方は、私にご連絡くださいね。

縦横の大島には、ぜひ「勝山」の袋帯を締めて欲しいですね。

次は、長襦袢についてお話しますね。

長襦袢の色

大島紬用の長襦袢は、礼装用とは別の長襦袢にしましょうね。

たれ物(縮緬など)の着物と裄が同じ寸法でも、長襦袢と合わない可能性があります。

また、大島紬は地味な地色が多いので、派手な長襦袢が似合いますよ。
昔は、泥染めや藍染の大島紬に赤の長襦袢を着ていましたね。

お薦めは、柄の長襦袢で色は赤系をお薦めします。

袖から少し見える赤色がステキですよ。

小物

帯締め

帯締めは、礼装用とは違うもので、濃い地のものが良いですね。
また、三分紐に帯留めでも良いし、トンボ玉付きでも良いですね。
自分の個性を出しましょうね。

帯揚げ

帯揚げは、縮緬地のものが良いですね。
色は、やはり赤系が良いですが、八掛と同じような色も素敵ですね。

草履

草履は、小判型で五嶋紐の鼻緒、なんてカッコイイですよ。
礼装用よりはかかとが低めが良いですが、
小柄な方で背を高く見せたいなら、ウレタン底でハイヒールタイプおありますよ。

大島紬はおしゃれ着なので、小物で自分の個性を出しましょうね。

いつでもご相談くださいね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ