50代の留袖は、レンタル、リサイクル、新品?

50代の留袖 レンタル、リサイクル、新品どれが良いの?

40代から50代は、留袖を着る機会が一番多いですね。

まず、自分の子供の結婚式、これは、絶対に留袖ですよね。
そして親戚の結婚式、黒留袖か色留袖ですね。

2回以上着る予定があるなら、
レンタルよりも購入した方が良いですよ。

新品かリサイクルか、悩むところですが、
気に入った留袖があれば、リサイクルで十分ですよ。

最近のリサイクル着物は、状態が良いものが多いので、
しっかり吟味すれば良い買い物が出来ますね。

それでは、レンタル、 新品 、リサイクルのメリット、デメリットをお話しします。

レンタル

ネットレンタルがお主流ですね。

メリット

  1. ネットで選ぶだけなので、簡単です。
  2. 料金もお安いです。
  3. 同じレンタルでも結婚式場の半額位の物もあるようです。

  4. 数もたくさんあるので、選べます。
  5. 留袖は品数が多いので、気に入った柄が見つかる可能性が高いですね。

  6. 全てセットなので、面倒がありません。
  7. 小物まで全てセットなので、安心です。

デメリット

  1. 家紋が違います。
  2. 変えられないショップがほとんどですね。

  3. 小柄な方、大柄な方は数が少ないですね。
  4. 古い商品が多いので、選ぶ目も必要ですね。
  5. 2〜3回着るなら、リサイクル着物の方が安い事もありますね。

本加賀友禅はレンタルでも高いですね。

桂由美さんの着物ならお安くレンタルできますよ。
この価格で一式レンタルなら負担にならないですね。

新品

  1. 柄が豊富です。
  2. 自分の紋を入れられます。
  3. 寸法はオーダーメードです。
  4. しかし、値段が高い。

予算がある人にとっては、新品が良い選択ですね。

でも、どこで買ったら良いのか分からないし、
高価な商品だから不安がありますよね。

ネットショップが一番安いですが、
手にとって見たり、着てみたい場合は、
百貨店かショッピングセンターにあるチェーン店の着物屋ですね。

予算があるなら、本加賀友禅がおすすめです。

作家は違っても本加賀友禅なら、
ネットショップでも、百貨店でも、チェーン店でも取り扱っているので、
比較ができます。

新品を購入するなら、数店舗見て歩き検討したほうが良いですね。

下の商品は、本加賀友禅でお買い得ですよ。

本加賀友禅で別誂え仕立て上がり248,000円はお買い得ですね。柄も加賀友禅らしく華やかです。20~50代にお薦めですね。

本加賀友禅でこの値段はお買い得ですね。鶴見保次さんは有名な作家です。柄が気に入れば即買いですね。

リサイクル

予算がない人、予算を掛けたくない人にとっては
リサイクルがお勧めですが、失敗することもありますので、
説明文や写真をよく確認してください。

メリット

  1. 価格は新品の十分に一以下です。
  2. 中には、数千円の商品もあリます。

  3. 紋を入れ替えられます。
  4. これは大きなメリットです。

  5. 自分の着物ですから譲ることも出来ます。

デメリット

  1. 数が少ないので、寸法が合って、気に入った柄を探すのが大変です。
  2. 多少のシミや変色があっても、ネットでは分かりにくいですね。
  3.     

  4. 寸法が合わないとお金がかかります。
  5. 古い商品の場合、黒の色や染めの色が写真だけでは判断しにくいです
  6. 数千円で変える商品は、昭和初期くらいの商品が多いようですね。
    黒の色も心配ですし、染めもさめたようになっているかもしれません。

  7. 最近の商品で加賀友禅などの高級品は、値段も高いです。
  8. 新品のお買い得品をそう変わらない値段のものもあリます。
    リサイクルイコール安いと思い込まないでくださいね。

昭和初期の着物だと思います。見るからに古いきものです。

リサイクルでも本加賀友禅になるとそこそこの値段です。
でも、柄が気に入って寸法が合えばお得ですよ。

まとめ

レンタル、新品、リサイクルを比べると、
お勧めは、新品かリサイクルです。

予算がある人は新品が一番良いですね。

リサイクルは気になる、新品が欲しいという場合は、新品で。

ネットショップなら、リサイクルと大して変わらない金額で買えることもあリます。
寸法も合うし、紋もきちんとしているし、汚れやシミも気にしなくて平気です。
予算は、あればあるだけ良い商品が変えますが、一式30万円あれば、揃いますよ。

予算が少ない、レンタルか迷っているという人は、まずリサイクルを探してください。

レンタルと変わらないくらいの掘り出し物に出会うこともあリます。
ただ、安い商品は寸法が小さい、柄が古い、シミがある等なにかマイナスがあリます。
そこをしっかり確認してくださいね。

リサイクルの場合は、標準的な体型よりも少し小さめの商品が多いですよ。
多くの商品は、昭和中期から後期のお品なので裄が少し短めですね。
また、シミ、変色、黄変等がある商品もあるので、しっかり説明を読んでください。

リサイクルでも新品でも良いのですが、
自分の留袖を着たほうが良いですよ。

紋が合うという事と寸法が合うということは大事なことです、
リサイクルでも紋は入れ替えられます。
リサイクルでも裄など多少の寸法は安価で変更できます。

レンタルは、保管やお手入れの必要がないので、
一回だけならレンタルも良いですが、
2回、3回着る可能性は誰にでもありますよね。

紋が違うということもネックですね。

結婚式は、両家の親戚一同が集まる場所です。
安心して出席できる方が良いですよね。
後悔しないようにしてくださいね。

私のお薦めは、ネットショップで新品の本加賀友禅一式を揃える、ですね。

百貨店やチェーン店、個人店の半額以下で買えます。
本加賀友禅の黒留袖は、どこで買っても仕立て上がり50万以下はありません。
70~80万が普通です。
一式揃えると100万以上掛かります。

それが、ネットショップだと三分の一から半分で揃います。

余ったお金で普段着られる着物を買ったり、
旅行にでも行ったら良いんじゃないですか?

留袖は、地色が黒で柄に流行がないので、娘さんやお嫁さんに譲れますよね。

自分一人で終わる着物ではないので、購入したほうが良いですね。

質問があればいつでもお問合せくださいね

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ