「着物の種類」の記事一覧

着付けのプロが教える浴衣でお出かけする時の7つのポイント

浴衣姿、白地にオレンジの花

浴衣でお出掛するときの注意点 ~着崩れは直すよりも崩れないように着る〜 初めてブログに投稿するホームページ制作スタッフの優子です。 私は、大手の着付け教室で着付けの技術と知識を学び、 着物コンサルタントの資格を取得しまし・・・

プロが教える!カッコイイ大人浴衣の選び方

雪花絞りの浴衣

大人女子の浴衣~30代からの浴衣選び 浴衣は、花火大会や縁日だけでなく夏を気持ち良く過ごせるアイテムです。 洋服の好みは10代や20代の頃と変わったけど…。 「浴衣は年に数回しか着ないから良くわからない」 「どんな浴衣を・・・

着物が似合う街川越 着物の日と川越唐桟ってどうなの?

川越きものの日の写真

きものの街川越 きものの日について 公益社団法人小江戸川越観光協会の「川越きものの日」実行委員会が主催しています。 毎月18日に行われます。 イベント 協賛店舗のサービス(着物を着た人限定) 121店舗の協賛店で買い物や・・・

着物の種類 東京友禅ってなんですか?

東京友禅の黒留袖の写真

東京友禅とは、 東京で制作されている手描き糸目友禅のことを言います。 江戸好みの 色数を抑えた スッキリした粋な柄が特徴です。 東京友禅の歴史 東京友禅は、江戸友禅と呼ばれ、江戸時代中期に始まりました。 当時は、参勤交代・・・

着物の種類 加賀友禅、京友禅の違いを教えて

加賀友禅の訪問着の写真5

友禅とは 友禅とは、ひと言で言うと手描きということです。 江戸時代、奢侈禁止法(しゃしきんしほう・贅沢禁止法)により、 絞り、刺繍などの技法が禁止になりました。 そのため、京都の扇絵師であった宮崎友禅斎が、 着物に手描き・・・

50代が着物で輝く!フォーマルには本加賀友禅

由水十久の着物の写真1

友禅とは 友禅ってどういう着物なんですか? こんな質問が良くありますね。 友禅というのは、 染めの着物という事で、本来は手描きの着物の事を言います。 友禅という名前の由来 江戸時代の扇絵師の宮崎友禅斉の名前を取って「友禅・・・

お嫁入り道具 訪問着と色無地どちらを着たら良いの?

今回も、お嫁入り道具についてお話します。 過去2回でお嫁入り道具についてお話しましたね。 喪服が必要かどうか? お嫁入り道具について 黒紋付(喪服) お嫁入り道具の訪問着について 訪問着と付け下げの違いについて お嫁入り・・・

お嫁入り道具は訪問着・付け下げが必要?

訪問着の写真

前回に引き続き、お嫁入り道具のお話しをしますね。 いまどきお嫁入り道具なんて必要なんですか? そういう質問はよくありますね。 必要か必要じゃないかは、お相手の実家次第です。 「着物は何もいらないから」と言われて持っていか・・・

お嫁入り道具について 黒紋付(喪服)

お嫁入り道具について 黒紋付(喪服)についてお話しますね。 結婚式シーズンという事もあり、 娘さんの小物を買いに来るお客様が、多いですね。 ちなみに、結婚式が一番多い月は、11月と言われています。 昔は、ジェーンブライド・・・

木綿の着物を着て街に出よう!

木綿の着物と帯の写真

これから木綿の着物が一番合う季節ですね。 今日は、お店に着付けの先生が遊びに来ました。 勿論、いつも着物なのですが、今日はなんかいつもと違う格子柄の着物。 真綿っぽいような毛羽立っているような生地なので、 「先生、今日の・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ