安心できる着物と帯の色合わせ

イケてる着物の色の組み合わせ

まず、色の基本

膨張色と収縮色

黒、青、紫、青緑、グレーなどの寒色系は、収縮色といって小さく見えます。
つまり、小柄に痩せて見えます。

白、赤、ピンク、黄色、オレンジなどの暖色系は、
膨張色で、大きく膨張して見えます。

似合う色と安心な色

ふくよかな方でも、白い色が似合う方もいます。
小柄で痩せている方でも黒が似合う方もいます。

また、ふくよかな方でもピンクが好きな方もいます。
小柄で痩せている方でも、濃い地色が好きな方もいます。

大事なことは、着物を着ていると目立つので、
安心できる色が良いですね。

自分の体型や年齢だけで色を決めるのではなく、
自分が好きな色、似合う色、安心できる色を選ぶことです。

冒険した着物は、不安が先に立ちので、着ないですね。

センスよく着るためには大事なポイント

着物と帯の色の組み合わせの基本

着物の色の組み合わせで一番大事なのは、
着物と帯の色の組み合わせです。

両方が決まってから、小物の色の組み合わせになります。

礼装の場合、着物の色

礼装で着るなら、一般的に薄い色、淡い色がオススメです。

薄い色、淡い色のイメージは、上品、可愛い、おしとやか、高貴、お祝い

薄い色、淡い色は、皇室関係や上品な雰囲気の芸能人などをイメージします。

輪郭がぼやけて、膨張して見えます。

具体的な色は、白、ピンク、クリーム、藤色、薄いブルー、ブルーグレー、グレー

帯の色が大事です。
帯の色を同系色、白系、銀系の帯を締めた場合

身長が低い場合は、帯の色を同系色にしたほうが背が高くスッキリ見えます。

着物の上品さをさらに引き立てます。

背が高い人が同系色の帯を締めると間延びして、ぼんやりした感じになりがちです。

白っぽい帯は、安っぽく感じる帯もあります。

白地や銀系の帯は、合わせやすく一本あると重宝します。

訪問着 正絹 お仕立て上がり 単品【きもの山喜】

帯の色を黒や濃い色にした場合

濃い色の帯を締めてしまうと、身体が帯で上下に別れ背が低く見えます。

粋な感じ、もしくは品がない感じになります。

古典柄で漕い地の帯は重厚な感じがします。

背が高い人が濃色の帯を締めた場合、間延びしないでキリッと締まります。

振袖などで、黒や濃い地の帯を締めると豪華に感じます。

下の写真は洗えるプレタの訪問着です。

ジャパンスタイル 仕立て上がり洗える着物 訪問着 kimonoJL-21

着物の色が濃い地色の場合

粋な感じ

高級がある

個性的な人に合う、個性的な感じになる

収縮色なので小さく、痩せて見える

帯の色を同系色、濃い色にした場合

小柄な方は、上下を分けないので背が高く見え、バランスが良い

背が高い人も、地色が濃いため縮小して見えるので、同系の帯でも違和感がない

帯の色を白っぽい色、反対色にした場合

上下が分かれるので、背が高い人に良い

帯の柄や素材にもよるが、上品さが出る

下の写真は、着物の本の表紙ですが、品が良いですね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ