着物初心者に捧げる!プロが伝える買ってはいけない着物

私は、着物を通じて幸せな思いを感じて欲しいと思いますが、
それ以上に着物を買って後悔して欲しくないと思います。

そんな訳で、
今回と次回で、買ってはいけない着物とお店についてお話しますね。

買ってはいけない着物と危険なセールストーク

作家物とお店の人が言う高額な着物

作家物の全て買ってはいけないわけではありません。
人間国宝、日本の名工、伝統工芸士など有名で実力のある作家さんは大勢います。
でも、そうじゃない自称作家さんも大勢います。

柄が気に入れば作家物だとかは関係ないと思いますが、
作家物ということで妙に値段が高くなっている着物もあリます。

もしかしたらそれほどの価値がなく、他店でもっと安く売っているかもしれません。

また、本当の作家物ではないかもしれません。

そこで、作家物の注意するポイントをお話しますね。

購入を決める前にその作家名と商品名(アイテム名)でネット検索してみてください。
食事に行ってからまた来ますとか、友達と待ち合わせしているので、
とか言って一度お店を出て、調べます。

例えば、「久保田一竹 訪問着」と調べると、
楽天市場やネットショップで売っています。

その商品と値段を見て、お店の商品と比較してみてください。

ネット検索しても数が少なかったり値段が安かったら、怪しいですよ。

◯◯紬だから、高い

日本三大紬の牛首紬は高いですが、大島紬、結城紬はピンキリです。

ただ、大島紬だから、結城紬だから値段が高いということはありません。

大島紬なら、縦横絣、結城紬なら証紙に「結」マークの本場結城紬なら高いです。
大島紬の場合は、絣の細かさ(マルキ)によって値段が違います。
結城紬は、飛び柄よりも総柄の方が値段が高く、亀甲が細かいほど値段が高いです。

大島の横惣や縞大島は、縦横よりかなり安いです。
結城紬で証紙が「紬」のいしげ結城は機械織りなので,
本場とは比べ物にならないくらい安いです。

牛首紬は、ちゃんと証紙があれば、本物なので高いですね。
似た商品で白山紬があリます。
こちらは機械織りでペラペラして固めな生地です。
値段は比べ物にならないくらい安いです。

紬は、商品知識がないと難しいので注意してください。

分からなければ、正式名称を聞いたり、証紙を見てネットで検索してくださいね。

西陣帯の〇〇だから高い

西陣帯は、必ず金のメガネ型の証紙があリます。

それを見せてもらってください。
証紙にある番号を暗記して、「西陣帯 証紙番号」でネット検索します。

番号が若いほど古いメーカーです。(40番位までが最初の登録のようです)

ただし、1番だった紋屋井関は、名前が変わったとかで1318番です。
メーカーの名前で、またネット検索して価格を判断します。

同じメーカーでも技法や素材によって価格差はあるので、
経験や知識がないと判断は難しいですね。

しかし、ある程度の判断は出来ますし、パチもんをつかむことはありません。

また、西陣以外では博多帯も証紙があリます。
正絹は金ラベルです。

証紙がない帯でも西陣や博多で作られている場合があリます。
証紙の値段が高いのであえて、証紙を付けていないメーカーも有るようです。

また、桐生産と中国産はもちろん証紙は付きません。

証紙は、ややこしいですね。

加賀友禅は高級

本加賀友禅は高級です。

必ず、本加賀友禅の赤い証紙があり、
そこに作家名と商品の題名が印刷されています。

伝統工芸品のマークもあリます。

注意するのは、加賀友禅とお店の人が言っている時です。

それはもしかしたら、加賀友禅技法の着物かもしれません。
京都や十日町でも加賀友禅技法の着物を作っています。

しかし、本加賀友禅とは全く値段が違います。
赤い証紙があるかないかで分かりますので、必ず確認してくださいね。

ちなみに紫色の証紙は、型染めで手書きではありません。
基本的には加賀小紋が多いですね。

絞り、刺繍は要注意

絞りは、染で絞り風にしたものがあリます。

しかも生地の織りで凸凹させている場合もあるので、
素人には分かりにくい商品もあリます。

刺繍は、ミシン刺繍もあリます。

裏を見れば分かりますが、これは手刺繍ですか?と聞いたほうが良いですね。

手刺繍は、中国刺繍が多いですが、中国刺繍は決して安いものではありません。
刺繍は中国のほうが本場です。
蘇州刺繍は日本刺繍よりも細い糸を撚らずに刺繍しています。
手間は、8倍から10倍かかります。

絞り風の染やミシン刺繍は、本物とは比べもにならないくらい安いです。

藍染は高い

本藍染めは、藍染の商品中数%です。

100本藍染の着物があれば、本藍染めは数反だそうです。

ですから、ほとんど本藍染めではないということです。
阿波藍染の証紙や反物の橋に阿波藍染などの文字がある物が本藍染めですが、
作家さんが大事です。
本藍染めは、作家でネット検索してください。
出てこなかったら、殆ど本物ではありません。

辻が花だから高い

久保田一竹さんの辻が花だったら高いです。

着物なら下前に一竹の落款があリます。
初代と二代目では全く値段が違います。

初代の落款は、一竹の一が右にずれていて、一重の囲みがあリます。
二代目は、ずれていないし、囲みもないです。

辻が花は、その他に十日町の一廉さん、樋熊さんが作っていますし、
京都でも作っています。

久保田一竹さんとは全く違う辻が花で、価値は全く違います。

一竹辻が花の柄のアップ

日本の絹だから高い

反物の端に、「日本の絹」という赤いスタンプがある着物があリます。

これは日本で制作された反物ということです。
糸は、ほとんど中国です。

糸が国産の場合は、「日本の絹」の下に
「純国産」という文字があるシールが貼られています。

日本の養蚕家は、500軒を下回っていますので、
日本に出回っている殆どの絹は中国など外国産ですね。

純国産の糸を使った着物は高いですが、
日本の絹マークは値段が高い理由にはなりません。

着物は模倣品が多く、商品の保証がないので素人には難しいですね。

また、販売する人も商品知識が乏しい人が増えています。
似合う~!カワイイ~!素敵~!と褒めちぎって、
あとは電卓を叩いて、大幅値引きで売るようなお店があリます。
正札はダミーで値引きした金額が正価ですよ。

そんな詐欺まがい商法にだまされないでくださいね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ