着物クリーニングの値段は?

着物を着た後はクリーニングした方が良いのかどうか、
よく聞かれます。

結論から言うと、

めったに着ない着物ならクリーニングしてください。

よく着るなら、シーズン終了時にクリーニングしてください。と答えます。

着物のクリーニングは生地に良くないという人もいますが、
それはクリーニングのやり方次第です。

手作業がメインなら生地を痛めないので平気です。

また、着物を着ると冬でも帯の辺りは汗をかきます。

クリーニングでは、汗は取れないので、
汗抜きをする必要があります。

もしも汗抜きをしないと、
数年後黄ばみや黄変で着られなくなる事もあります。

保険と思ってしっかり汗抜きをした方が良いですね。

衿のファンデーションは、クリーニングで取れますが、
汗をかいていると残ります。

汗が汗シミになって衿を変色させてしまいます。

ですから、汗をかいた時は、衿のシミ抜きもした方が良いですね。

絹はデリケートな素材ですが、
きちんとお手入れすれば何十年でも綺麗に着られますよ。

ここからは、具体的なクリーニングの値段や作業についてお話ししますね。

着物のクリーニングの値段は、かなり幅がありますね。

大手のクリーニング店「白洋舎」では、
訪問着で9500円(税別)です。

一般的なクリーニング店は、この値段を参考にして料金を設定していると思います。

着物専門店では、高級呉服店のますいわ屋では、10000円(税別)ですが、

その他のチェーン店はだいたい5500円前後(税別)ですね。

中には、「りんず」のように、3000円(税別)もあります。

ネットショップは、安いですね。
3000円(税別)位が多いようです。

値段の差はなんですか?

クリーニングの値段の差とはなんでしょうか?

ワイシャツで考えれば、安いところは100円未満もあります。
白洋舎などの上級コースだと600円です。
6倍もの差があります。

着物もワイシャツも同じです。

値段の違いは、手作業が多いかどうかで変わってきます。

もちろん同じような作業をしていても、
いろいろな事情により値段は変わります。

しかし、数倍の差になれば、
普通は作業内容が大きいですね。

大切な絹の着物をクリーニングに出す場合は、作業内容を確認した方が良いですよ。

中には、洗った事により絹の風合いが固くなる、なんて事もありますからね。

作業内容の差をお話ししますね。

ただし、これは料金が安いところと高いところの違いではありません。

安いところでも、手作業でやっているところもあるし、
高いところでも洗濯機がほとんどというところもあると思います。

不安があれば、お店で確認した方が良いですね。

ドラム洗濯機の使用範囲

最初からドラム洗濯機に入れてガラガラ洗って、ドラム洗濯機で乾燥させれば安くできますね。

絹には良くないです。

ドラム洗濯機で回す事によりズレが生じます。

熱風で乾燥させるので、絹が固くなります。

絹に優しいクリーニング方法は、

  1. まずは手作業で目立ったシミや汚れを落とします。
  2. 次に、ドラム洗濯機ですすぎだけやります。
  3. そして、竿に掛けて乾燥させます。

大切な着物なら、行程を確認した方が良いですね。

ドラム洗濯機ですすぎをする枚数

これは、分からないですね。

でも、良心的なクリーニング店なら、数枚で液を新しくします。

安くしようと思えば、何枚もすすぎますね。

何枚もすすげば液は汚れます。

汚れた液ですすいでも綺麗にならないですよね。

無料見積もりができないお店は避ける。

シミや汚れは落ちるかどうか、業者じゃなければ分かりませんね。

そのために、無料で見積もりを出してもらえるお店が良いですね。

外注しているお店だと、見積もりできない場合があります。

とりあえず、洗って、落ちていなかったらシミ抜きしましょう。

なんて言うのは外注です。

洗ったけど、まったく落ちていなくて、
シミ抜き料金を聞いたら、洗う金額よりも高かった、なんてことはよく聞きますよ。

シミや汚れがある着物は、
無料見積もりがあるお店に頼みましょうね。

さて、ここからお勧めの着物クリーニング店をお話ししますね。

まず、リアルショップだと、「さが美」ですね。

料金は訪問着などで5500円(税別)なので、高くはないです。

作業内容が理想的ですし、見積もりだけでも無料でやってくれます。

「やまと」もきちんとやっていますが、
乾燥やアイロンがけはさが美の方が上ですね。

さが美では、着物を竿に掛けて乾燥させたり、
アイロンを少し浮かせてかけるので凄いですね。

ネットショップだと、ここがお勧めです。

今月中だけポイント5倍特別期間限定着物クリーニング・追加料金なし『本京洗い』着物丸洗いしみぬき付き何でも1点 3000円(税抜き)で 着物クリーニングします

丸洗いをして、汗抜きと染み抜きをして、
プレスをしてこの値段はありえませんね。

レビューを読んでも、悪い評価は少ないですね。
古いシミは何をやっても取れませんから、仕方がないですね。

ちなみに、リアルショップに出すと、
クリーニング代、汗抜き代、シミ抜き代で12000円はかかりますよ。

普段着ならこちらに出してみると良いですね。

注意すること

リアルショップで安いところは、危険ですね。

実際、私も実験的に3社に出してみました。

3社のうちで「さが美」は、生地の風合いは全く変わらず、
衿のファンデーションもキレイに落ちていました。

「やまと」も問題なく出来上がりました。

もう一社に出した着物は、微妙に生地の風合いが固くなりました。
ドラム洗濯機で乾燥までさせているのだと思います。

私もまだまだネットショップは、調べ切れていないので、また、新しい情報があれば、お伝えしますね。

何かあれば、いつでもお問い合わせくださいね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ