着物の色に合わせる帯締、帯揚、重ね衿は?

今回は、着物の色に合わせる
帯締め、帯揚げ、重ね衿の色のコーディネートをお話しますね。

着物の種類によって帯締めの種類が変わることは前回お話しましたね。

帯締め、帯揚げ、重ね衿を選ぶときには、
それだけではなく、色とのコーディネートが大事です。

訪問着、付け下げ、色無地、江戸小紋などのセミフォーマルの着物

着物と同系色の濃淡の帯締め、着物と同色系の帯揚げ、帯締め、もしくは帯揚げと同色の重ね衿

  • 着物が薄地なら、帯締めを同系色の濃い地にすると中心が締まってまとまります。
  • 着物が中間色なら上品なイメージでスッキリまとまります。
  • 着物が濃い地なら、都会的な雰囲気でオシャレ感が増します。

初心者でも失敗しない選び方ですね。
この組合せがフォーマル系の基本になります。

着物がオレンジ系薄地なので帯締めを朱色にしました。全体のイメージがしまりますね。

着物が濃い地なので、帯締めを着物と同色にして帯揚げと重ね衿は薄地にしています。
都会的な雰囲気でスッキリしていますね。

着物の柄の色を取る組合せ

例えば、薄いグレーの着物に朱色系の花がある着物なら朱色系の帯締め
重ね衿も同じように朱系を使いますが、帯揚げは着物帯と同型の薄地にします。

成人式なら、3つの小物全て同じ色でも華やかで良いのですが、
訪問着などは、3つの色を合わせるとうるさいので、一つ外すことが大事です。

着物の地色が薄い場合は、着物の柄の色を一色取りますので、
帯締めと重ね衿は合わせて、帯揚げを外す方がしっくりきますね。

グレーの訪問着の朱色の花の色を取って帯締めと重ね衿にしています。
華やかさが増しますね。

同じ着物でも、帯と小物の色を変えるとこれだけイメージが変わります。
帯揚げと重ね衿は、花びらの紫色に合わせました。

着物の色を一色取って、帯締めや重ね衿にする場合は、意図を明確にしたほうが良いですね。

  • 着物が地味めだから、花柄の朱色を取って全体的に華やかにする。
  • 着物が少し派手目なので、着物の柄の地味な色を取って、全体的に落ち着かせる。

地味に見える粋な着物は、色を最小限にして、着る人を引き立たせる組合わせが良いですね。

着物と帯締め帯揚げは同色で、重ね衿のみイメージを壊さないように少し紫がかった色です。

おしゃれ着、カジュアル着物の場合

おしゃれ着やカジュアル着物は、基本的に自由です。

ただ、カッコ良く見える色の組合せはあるので、ご紹介しますね。

泥大島紬、藍結城紬、久米島紬など濃い地色の紬の着物は、
帯締めは、赤系を使うことが多いです。

全体的に暗っぽくなるので、明るい色が欲しいという感じです。
または、八掛の色に合わせるというのも良いですね。

着物の柄の色を一色取るテクニックもよく使われますね。

帯揚げは、帯締めと同色でも良いし、変えても良いですが、
あまりケンカしない色で組み合わせてください。

例えば、赤の帯締めに鶸色ひわいろ(鮮やかな黄緑色)の帯揚げなど
目がチカチカしそうな組み合わせは避けましょう。

帯締めが朱系なら、帯揚げは、同系色の濃淡か藤色、金茶位ですね。

小紋や木綿の着物も自分のセンスで選んで良いのですが、
迷った時に決める基準を教えますね。

  • 着物の地色の濃淡にします。
  • 柄の一部の色を取ります。
  • 帯の色の濃淡にします。
  • 帯の色の一部を取ります。

こちらは、着物の色の地味な一色を取って帯締めにしています。
帯揚げも、着物の柄の一色ですね。
帯と着物も良く合っていて、ステキなコーディネートですね。

木綿の着物には、細めの三分紐もカワイイですね。

三河木綿の渋い縞柄の着物にも渋めなレンガ系の帯、
帯と同色の帯締め、帯締めのアクセントの色と同色の帯揚げ、
コーディネートが考えぬかれて、決まってます。


着物って、小物一つでカッコ良くなったりヤボになったりするから、
小物を選ぶのは大変だけど、バッチリ決まった時はスゴく嬉しいですね。

紬や小紋、木綿の着物だったら、色の組合せは自由です。
ドンドン自分のセンスで楽しみましょう!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ