祝銅メダル!シンクロ水着は着物の染色方法だった!

連日、リオオリンピックは日本のメダルラッシュで湧いていますね。
昨日も、卓球女子団体とシンクロデュエットが銅メダルを獲得しました。
おめでとうございます!

リオオリンピックのシンクロデュエット日本チームの演技

出展:公益財団法人日本オリンピック委員会

シンクロデュエットが2大会ぶりのメダル獲得。
選手のお二人と井村コーチは本当に嬉しそうでしたね。

二人の水着は、鮮やかな色に風神雷神の太鼓のデザインが素敵でしたね。

この染色方法は、着物の伝統的な染色方法「手捺染」だそうですよ。

ニュースゼロで桐谷美玲キャスターが、デサントのデザイナー秋田祐作さんにインタビューしました。

井村コーチは、水着もメダルを釣るためには重要な役割があるという考えで、
デサントのデザイナー秋田祐作さんと何度も打ち合わせをし、
試作品は50着を超えるほどだったそうです。

井村コーチの要望は二つ。
水面の飛び出しを高くするために、できるだけ軽い水着、
シンクロは屋外プールで開催されるので、リオの強い日光に負けない鮮やかな色。

秋田祐作さんは、この2つは相反するような条件で非常に難しかったと言っています。

今までの水着は、発色を良くするために数枚から最大で4枚重ねる部分もあったそうです。
生地を軽くするために一枚仕立てにすれば、水に濡れた時に透けてしまい発色が悪くなります。
そこで、水に濡れても透けにくい東レの新素材を使用することによって、
ごく一部分のみ数枚重ねにすることができたという事ですね。

そして、リオの太陽に負けない発色のために、
染めは、手捺染を化学繊維に染める技術と持っている
新潟県十日町市の創業102年の着物工場に依頼したそうです。

色は、日本の伝統的な色である紫と朱をメインに使い、
黄色とピンクで明るさを出していますね。

全ての色が素晴らしい発色で、水着は一番良かったですね。

デサントではないですが、手捺染の水着がありました。
色が鮮やかでキレイですね。

今回は、手捺染についてお話しますね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ