カッコ良く木綿の着物を着るための帯は?

今回は、カッコ良く木綿の着物を着るための帯についてお話しますね。

木綿の着物は普段着ですから、合わせる帯は半巾帯か名古屋帯です。
半巾帯はより普段着っぽくなりますし、名古屋帯だとお出かけでも良いですね。

半巾帯について

素材は、正絹、ポリエステル、木綿があります。
正絹は多少値段が高いですが、締めやすくてお薦めですね。

ポリエステルのツルツルした帯は、滑りやすいので、初心者は避けたほうが良いですね。
モコモコした織り方だと、そんなに滑らないので、初心者にも向いています。

木綿の半巾帯は、チェーン店などでは販売していません。
ネットで多少販売していますが数が少ないですね。
手頃な価格で、割と締めやすいので、普段着には良いですね。
縞柄や格子が多いので、無地や染め柄の着物に合います。

木綿の格子や縞柄の着物に合う帯

縞柄や格子柄の着物には、無地系か柄物が合います。
柄は、花柄など絵柄が合いますね。

正絹ですが、下の帯はお薦めですよ。

素材は絹の染の半巾帯です。
浴衣から木綿の着物や紬でも合いますね。

シルクの光沢と柔らかい手触りでしなやかで結びやすい帯です。

こちらも正絹の半巾帯です。

メーリーゴーランドの柄がカワイイですね。

こちらは綿100%の半巾帯です。

浴衣から木綿の着物の着物に向いています。

桐生帯のブランド「織美桐(おりびと)」ポリエステル100%の半巾帯です。

名古屋帯について

八寸名古屋帯

ザックリした織り八寸名古屋帯、
献上柄など博多八寸名古屋帯、
染の八寸名古屋帯があります。

素材は正絹とポリエステルが多いですが、綿や麻もあリます。

無地の木綿の着物に、献上柄の博多八寸名古屋帯、
縞や格子柄の着物に染の八寸名古屋帯、
ザックリした素朴な織の八寸名古屋帯も合いますね。

木綿の八寸名古屋帯です。

九寸名古屋帯

塩瀬の染め名古屋帯が有名です。
織りの九寸名古屋帯もあリます。

洗える染の九寸名古屋帯です。

正絹のちりめんの染九寸名古屋帯です。

木綿の着物、紬、小紋などに合いますね。

お薦めの帯

合わせる柄について

縞柄、格子柄など織の柄なら、花柄や動物の柄などが合います。
無地や染の柄なら、献上や幾何学模様も良いですね。

お出かけなど普段着で木綿の着物を着る場合

半巾帯がお薦めですね。
結び方を工夫するとオシャレですよ。

正絹のほうが締めやすいですが、ポリエステルでも綿でも良いです。
長めの半巾帯を選ぶと変わり結びが楽しめますよ。

観劇や高級フレンチのディナーなど気を使う場所

名古屋帯でお太鼓結びがお薦めですが、銀座結びでも良いですね。

八寸でも九寸でもどちらでもOKです。
染でも織りでも平気ですよ。

素材は、ポリエステルだと滑りやすく決まりにくいので、
少し締めにくいかもしれませんね。

綿の縞柄は普段着っぽいので、観劇などは避けましょうね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ