着物の種類 長襦袢について

今回は、長襦袢についてお話ししますね。

お手頃な商品からお話しします。

既製品長襦袢について

既製品の長襦袢は、二部式と通常の物があります。

二部式長襦袢は、その名の通り上下がバラバラになっている長襦袢です。
上から着物を着てしまえば、二部式とは分かりませんね。
また、上下分かれているので身長に合わせる必要がなく、
半衿も付いて出来上がっているので、すぐに着られます。
普段着物を着る人には洗濯も出来るので手軽で良いかもしれません。

身頃は綿で、袖と裾除けがポリエステルで同じ柄になっています。
5,400円位から売っていますので、お金を掛けたくない人向けですね。

通常の一部式の既製品長襦袢は、身長に合わないといけないので、
サイズが重要です。

155㎝~160㎝位の方なら、既製品で合う物があります。
急に必要になった時に重宝します。

ポリエステルの洗える長儒伴について

ポリエステルの生地で洗える長儒伴があります。
反物の値段は5,000円位からあります。
お仕立て代が別にかかりますので、18,000円位で出来上がります。
既製品と違って、マイサイズに出来上がりますので、着やすいです。
ただし、静電気防止加工を施していない商品は、裾や足袋に埃や汚れがつきやすいですね。

正絹で洗える長儒伴について

今は、正絹で洗える長儒伴「ボンソワーリグラン」という商品があります。
作っているのは、石川県の小松ちりめんです。

従来の洗えるシルクは、樹脂加工や撥水加工した生地なので、
水を弾きますが、生地が固くなってしまいました。

この小松ちりめんの洗える生地は樹脂や撥水加工ではなく、
洗う事により繊維が分裂することを防ぐ特殊な加工をしてあるため
絹本来の風合いは変わりません。

しかも、糸の中まで水が浸透するので、清潔で洗いたての感触です。

また、生地は地厚でしっかりしており、縫い目が開くひけが起きにくく、
単衣で仕立てても平気な生地です。

この「ボンソワーリグラン」は、
一時生産が追い付かないほどヒットした商品です。

洗える絹の夏長襦袢は「フレソワーリ」という名前で発売しており、
着物愛好家に大人気です。

絹なら涼しく、着心地が良く、しかも洗濯機で洗えます。
夏こそ正絹で洗える長儒伴が最適ですね。

生地は、富山県の駒絽の夏長襦袢です。
ファーミング加工という化学薬品を使用しない体に優しい加工を施しています。
洗濯機で洗っても、縮まず安心ですね。

その他、洗える絹の夏物の長襦袢で、ストレッチ効果がある商品も発売されました。
洗えて、伸びるんです。
凄いですよね。

生地や素材の進歩は日進月歩ですね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ