着物の種類 東京友禅ってなんですか?

東京友禅とは、

東京で制作されている手描き糸目友禅のことを言います。
江戸好みの 色数を抑えた スッキリした粋な柄が特徴です。

東京友禅の歴史

東京友禅は、江戸友禅と呼ばれ、江戸時代中期に始まりました。
当時は、参勤交代で各藩の大名が江戸にやってきたため、
お抱えの染師が京都から江戸に移ってきました。
そして、神田川や隅田川の水域に住み、友禅染を広めていきました。

当初は、京友禅と同様に分業制でしたが、
第二次大戦で東京は壊滅的な状況になり、
分業制が成り立たなくなりました。

そこで一人の作家さんがほとんど全ての作業をこなすようになり、
現在に至ります。

東京友禅の特徴

江戸友禅の特徴である武家好み、町人好みの
千鳥 ・ 磯の松・ 葦 ・網干し ・ 釣り船 等風景の柄です。

色は、白や藍色を使ってスッキリした色合いに仕上げています。
白生地の白色をそのまま活かす技法、赤い色も控えめなさび朱などを使います。

また、大奥や大名の奥様お嬢様には、「御殿風」という武家好みの柄が人気でした。
江戸は武家の文化なので、友禅も色合いや柄が落ち着いたものが受け継がれました。

他の友禅との柄や色の違い

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ