近寄ると危険!買ってはいけない呉服屋さんとは?

最近、このブログの法律関係や買ってはいけないシリーズが良く読まれています。
1月、2月は展示会やらバーゲンセールやら売り出しが多いし、3月が年度末なので呉服屋さんもさらに力が入っています。
普段からしつこいのにさらに輪を掛けてしつこく強引になると思われますので、近寄らない事をお勧めします。

買ってはいけない呉服屋さんとは

呉服屋が全てダメなわけではありません。
良心的なお店もたくさんあります。

大手チェーン店

基本的に大手チェーン店は全てお勧めしません。
私自身が大手チェーン店に35年在籍していましたから良く分かります。
その会社は上層部は素晴らしい人格者が多く、経営理念もしっかりしていましたが、
現場は売上利益至上主義なので、売れる人が偉い的になり不正やクレームもありました。
店長は上司から怒られないように売上を上げる事しか考えていません。
だからしつこく強引になり、お客様からのクレームや返品があとを絶たないのです。

買ってはいけないチェーン店の見分け方

下記の3つがポイントです。
どれか一つでも当てはまるお店は危険です。

  1. 個人情報を取得したがる。
  2. ・小物を購入しただけでも名簿などに住所氏名電話番号を書かせる。
    ・何も買っていないのにアンケートなどと言って個人情報を取得したがる。
    ・加工が無い商品を購入したのに伝票を書かせる。

  3. 一方的に商品を勧めてくる。
  4. ・買う気も無いのに一方的に着物や帯を勧めてくる。
    ・すぐに着物を着装しようとする。
    ・商品の説明が少なく、似合う、ステキだけで勧めてくる。
    ・買うと言うまで電卓を叩いて、ドンドン値引きをしてくる。

  5. 囲み商売で強引に販売しようとする。
  6. ・店頭の声掛け、着装など役割分担が決まっているような連係プレーがある。
    ・3名以上で囲んで勧められ買わないと帰れない雰囲気になる。
    ・着装したら買うと言うまで脱がしてくれない。
    ・すぐに伝票を書こうとする。
    ・買えないと言うとローンを組ませようとする。

チェーン店で店頭での販売でもクーリングオフを適用出来る会社

やまと・さが美・ますいわ屋・鈴乃屋の4社は、店頭で購入した商品もクーリングオフの対象になっています。
店頭販売は特商法の対象外なので、本来はクーリングオフが適用されませんが自主的に行っているようです。
当日を含めて8日間は無条件で返品可能なので、着用後返品しても良いことになっています。
クーリングオフがきくだけで良い会社とは言えませんが、安心感はありますね。
4社以外は店頭販売ではクーリングオフは聞きませんので、ご注意ください。

消費者契約法退去妨害

店頭で断り切れず契約させられてしまったが返品したい、どうしたら良いでしょうか?

店頭販売はクーリングオフが適用されません。
帰りたいと言ったのに、まだ説明が終わっていませんなどと言って帰らせず契約させた場合は、
消費者契約法の退去妨害で契約の取り消しが出来ます。
商売のやり取りをスマホなどで音声を録音しておくと良いですね。

アポイントメントセールス

お店からプレゼントがもらえるという手紙が来ました。その後お店からプレゼント受取りに来てと電話が掛かってきたのでお店に行きました。そうしたら、売出をやっていて作家物の商品を強引に勧められ断り切れずに契約してしまいました。返品したいのですが可能でしょうか?

これはアポイントメントセールス(販売目的を隠して集客)なので、特商法が適用されます。
当日を含めて8日間は無条件の返品が出来るクーリングオフが適用されます。

なにかあれば、お問合せからご相談ください。
出来る限り力になります。

後悔しない着物の買い方とキャンセルについて

後悔しない着物買い方を教えます(その2)

後悔しない着物の買い方(その3)

強引に販売された着物をキャンセルしたい

プロが教える着物を買ってはいけないお店とダメな店員

Follow me!