親戚の結婚式に着る着物の種類とコーディネート

着物を着る機会で一番多いと思われるのが、親戚の結婚式ですね。

着物の知識がない人にとっては、
何を着たら良いのか迷うのと思います。

兄弟姉妹など身内の着る着物の種類とコーディネート

着る着物の種類

結婚式に出席するのですから、第一礼装が基本です。

ミスは振袖、ミセスは五つ紋の黒留袖を着ます。
長男の嫁や長女であれば第一礼装が良いですね。

ただ、ミセスであってもお若い方や
ミスでも「もう振袖は厳しい!」と思われる年齢であれば、
一つ紋か三つ紋の色留袖をオススメします。

本来、第一礼装は五つ紋の黒留袖か五つ紋の色留袖ですが、
色留袖なら一つ紋、三つ紋でも良いと思います。
紋の数を気にする人は、ほとんどいません。
裾模様の色留袖ということが大事です。

裾模様というのは、
裾だけに柄があるお着物で、
黒留袖、色留袖です。

私は、今まで大勢のお客様に、
一つ紋もしくは三つ紋の色留袖をお作りしましたが、
皆さん、「結婚式に着て行って良かった!」と喜ばれていました。

「黒ばかりの中に色のお着物が入ったので
場が華やかになって良かったと新婦に喜んでもらえた」

「出席者の方から、ステキなお着物ですね。
着物が似合いますね。と褒められた!」
という声が多かったですね。

最近は、お子様が一人というご両親もいますので、
黒留袖は作らず、色留袖を作る方もいらっしゃいます。
その方は、もし、自分の子供が結婚したら、
貸衣装を借りると言っていました。

色留袖は、コーディネート次第で訪問着のようにも着られるので、
着る範囲が広く、一枚持っておいて良い着物ですね。

まとめ

結論として「結婚式にふさわしい着物」は、
身内であれば第一礼装の黒留袖、振袖、
もしくは一つ紋、三つ紋の色留袖です。

これなら、誰に相談すること無く、
自分で決めて平気ですよ。

何か不安があれば、
新郎新婦のお母様に相談すると良いですね。

帯、小物のコーディネート

帯のコーディネート

黒留袖、色留袖とも、帯のコーディネートは、
織の礼装用袋帯、丸帯、格式のある柄で金糸銀糸の綴れ八寸名古屋帯です。

黒留袖で加賀友禅なら、着物の柄を生かすために銀地か薄い金地が良いですね。
色糸を多く使った帯が豪華な帯がオススメです。

京友禅や金箔、刺繍の留袖なら、豪華な濃い金地の帯が合いますね。

最近、丸帯も買いやすい値段になっているので、候補にあげても良いですね。
丸帯は帯の格が一番高く留袖、振袖にあう帯です。
昔の丸帯は、値段も高いし、重くて固くて締めにくかったのですが、
今の丸帯は、値段も手頃になり、軽くて柔らかくてて締めやすくなっています。

両面全通の帯なので、留袖に締めたらすごく豪華でオススメです。

小物のコーディネート

色留袖を着る場合は、
比翼仕立てにしていない場合が多いので、
縮緬地の白無地の重ね衿を襟につけて比翼風にします。

その他の小物は、黒留袖、色留袖とも同じです。
白の綸子帯揚げ、白もしくは金銀の帯締め、末広を合わせます。

草履バッグセットは、
佐賀錦の一本手のバッグと草履がオススメです。
エナメル合皮でも礼装用なら問題ありません。

遠い親戚の場合、訪問着、付け下げ、紋付き色無地は着られますか?

基本は第一礼装ですが・・・

遠い親戚の場合でも、結婚式に出席するということは、
お客様をお迎えするという立場です。
招待されるお客様とは違います。

基本は身内と同じです。

ですから、訪問着、付け下げ、紋付き色無地はダメです。
紋が有るとか無いとか関係ありません。

「従兄弟の結婚式に一つ紋の色無地で出たけど平気だった」
「妹の結婚式に付け下げを着たけど褒められた」

なんていう話を私自身もお客様から聞きますが、
それは着ていった本人が知らないだけかもしれません。

もしかしたら、
相手のご両親や親戚、招待客に驚かれているかもしれません。

両家の了解が得られれば、訪問着でも

ただし、結婚式は新郎新婦と両家で行うものであり、
招待客の目も含めてご両家皆さんが了解するなら良いと思います。

また、地域性や結婚式場や結婚式の形式、両家の考え方、
ご両親の地位や招待客によっても変わります。

ただ、両家が了解しても、
付け下げや紋付きの色無地では役不足なので、訪問着までですね。

結婚式は、両家の品定め的なところがありますので、
ある程度格式を重んじたほうが良いですよ。

格式を重んじてマイナスはないですが、軽んじてマイナスになる事はあります。

大事なことは、親戚として結婚式に出席するということは、
新郎新婦両家の一員だということです。

そのことを考えて、その場にふさわしい着物を選びましょう。

結婚式のヘアスタイルとメイクについて

ヘアスタイル

やはり、夜会巻きが一番オススメですね。
べっ甲のかんざしを付けると上品で素敵ですね。

夜会巻き

出展:和婚ヘア・メイク情報

「黒留袖に合うヘアスタイル50選」というサイトには、ヘアスタイルの写真が50点載っているので参考になります。

メイク

メイクは、ケバっぽくならず、上品な和風のメイクが良いです。

https://t.afi-b.com/visit.php?guid=ON&a=0104110-93542987&p=g457956e

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ